寺田昌之がラーメンを食べても太らない秘訣って何?毎日のルーティン内容に驚き!

エステ&ボディメイクトレーナーである寺田昌之(てらだまさゆき・通称「まろ」)さんが話題です!

寺田 昌之 さんは、年間の外食が2500食で、1600〜1800食がラーメンという驚きの食生活をしているそうなのですが、全く太っていないんですよね!

毎日5杯のラーメンを食べ、夜は必ずコース料理。

なのに、体脂肪率は9~14%だそうです。

なぜ??????

太らず体型維持の秘訣は、毎日行っている5つのルーティン。

このルーティンが何なのか調べましたのでご紹介しますね。



寺田昌之がラーメンを食べても太らない秘訣って何?

太らない秘訣とはズバリ、

運動
深夜のおつまみNG
塩分摂取量を気をつける

あら?よく聞く内容ですよね。

それでも痩せられなくて悩んでいる人が多いのに、寺田さんが体型維持できているのは体質が問題なのでしょうか?

ボディメイクトレーナーである寺田さんは、人は爆食をしても体型維持できるのか人体実験をしてみようと自ら行ったそうです。

そこには美容のプロとしての探究心があり、さまざまな対策を講じながら最も太る原因を突き止めたのです。

実験中は、数ヶ月で体重が20kgも増加したという寺田さん。
20kgって、結構ぽっちゃりしそうですが、想像つきませんね。

そして最も太る原因、それは・・・
「胃の中に何かがある状態で寝ること。食べたものの糖分や脂肪は寝ている状態が一番吸収される」

食べてすぐ寝ない、と確かによく聞きますが・・・。

寺田さんが行っていることは、食後4時間は寝ない、こまめな運動を心がけることです。

これをルーティン化し、毎日行っているそうですが、具体的にどんなことをしているのか見ていきましょう。



寺田昌之の毎日のルーティン内容とは?

寺田さんは毎日5つのルーティンを行っています。
その内容は、

  • 入浴で体温を上げたあとに運動する
  • 深夜まで飲む時は、おつまみを食べない
  • 代謝の効率を落とさないよう、塩分の摂取量に注意
  • 自宅では筋トレをルール化する
  • ワカメとサプリで糖質と脂肪の吸収を抑える

一つずつ細かく見ていくと、

【入浴の後に運動】
入浴は1日2回行っているようです。

40分以上時間をかけて入浴。
昼は45℃近い高温で体温を上げ、代謝を高めます。そうすることで運動効率を上げる事ができます。
寝る前は40℃でじんわりと身体を温めます。そうすることで睡眠の質を上げることができます。

入浴も、運動効率を上げるためと睡眠の質向上のための2通りの手段となっているんですね。

【深夜のおつまみは食べない】
寺田さんのSNSではお酒を飲んでいる投稿も多いのですが、つまみは食べていないようです。
というのも、お酒の糖分はそのまま排出されるらしいのですが、食事と一緒だと吸収されるそうです。

だから、お酒だけでつまみは食べない、ということですね。

【塩分の摂取量に注意】
塩分を過剰摂取すると、運動能力が低下するだけでなく代謝効率が落ちるそうです。

寺田さんは1日5杯のラーメンを食べていますが、スープは飲み干さないそうです。

スープには旨味も塩分も含まれていますから全部飲んじゃうと運動や代謝の問題だけでなく、塩分の摂取過多で病気になっちゃいますね。^^;

【筋トレ】
トイレに行く際に必ずベンチプレス(80kgを5回)、背筋のトレーニングを10回行っているそうです。

トイレも1日1回じゃないですから、1日あたりにすると何回筋トレをされているのでしょうか・・・?

脂肪燃焼のためには筋肉が必要ですが、これだけ筋トレすればその日の摂取した脂肪分は全部燃焼されそうですね。

【ワカメとサプリで糖質と脂肪の吸収を抑える】
食物繊維の多い乾燥ワカメを一掴みほどの量と、痩せ菌を含有する塩キャベツ、天然ハーブで吸収を抑えるサプリを常備し、食べることだそうです。

寺田さんは、美容商社の経営とハーブ農園や工場運営もされています。

寺田さんが食べているという『痩せ菌を含有する塩キャベツ、天然ハーブで吸収を抑えるサプリ』というのは自社製品の「Hmakk 60粒 ¥6,600」で、農薬や肥料を一切使用せずに作られた安心安全の品質だそうです。

気になる方はこちらからどうぞ。公式ページに行けます。
↓↓↓
「Hmakk 60粒」<バイオラックス>

寺田昌之の食べても太らない秘訣のまとめ

寺田さんの太らない秘訣とは、毎日のルーティン行動でした。
その内容は、

  • 入浴で体温を上げたあとに運動する
  • 深夜まで飲む時は、おつまみを食べない
  • 代謝の効率を落とさないよう、塩分の摂取量に注意
  • 自宅では筋トレをルール化する
  • ワカメとサプリで糖質と脂肪の吸収を抑える

決して難しい内容ではないですよね。

しかも、ご自身が試されてこれが一番効果がある、と実証済みなので説得力もあります。

また、寺田さんは「ベストではなくベターな選択」であることを強調されています。
それは、いきなり極端な筋トレをやるとか、ベストをやろうとするとすぐ挫折してしまうからだそうです。

腕立て1回でもやることが重要だそうで、毎日コツコツ継続できるのが一番の秘訣かもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です