及川眠子(おいかわねこ)の結婚歴が衝撃!元夫は18歳年下トルコ人で貢いだ金額が半端ない!

作詞家

『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の作詞家として知られる、及川眠子(おいかわ ねこ)さんの結婚歴が衝撃すぎて話題です!

現在は離婚されていますが、元夫は及川さんより18歳年下のトルコ人でした。
この年齢差も大きいのですが、なんと及川さんは元夫に大金を貢ぎ、離婚時には借金を背負うことになりました。

ここで気になるのは、元夫との馴れ初め、結婚生活、貢いだ金額や背負った借金ではないでしょうか?

そこで今回は、

  • 及川眠子さんとトルコ人夫との馴れ初めや結婚生活について
  • 及川眠子さんが貢いだ金額や借金はいくら?

という内容でご紹介していきます。



及川眠子とトルコ人夫との馴れ初めや結婚生活について

及川眠子さんは、2度の結婚歴があります。

1度目は及川さんが37歳の時で、お相手は音楽関係の仕事をしている方でした。

音楽関係ということで、仕事を通じてのご縁だったのかもしれませんね。

ところが、夫からの仕事への口出しが多くてケンカが絶えなかったそうです。
それで離婚に至ったようです。

馴れ初めは?

その後、及川さんが2000年の40歳のときに、後に夫となる18歳年下のトルコ人男性Eさんと出会います。

及川さんがトルコに一人旅をしたときの話です。

トルコ

旅行代理店の手違いでホテルを変更させられたそうです。
元夫のトルコ人男性Eさんは、変更させられたホテルの隣の絨毯屋で働いていました。

旅行代理店の手違いがなければ、二人が出会うことはなかったでしょう。

運命だったんでしょうか?

Eさんは及川さんより18歳年下ということですから、当時、22~23歳だったと思われます。

及川さんはEさんからアプローチされますが、このときは特に発展することはありません。
しかし、トルコ旅行が楽しかった及川さんは1年後にまたトルコに行きます。

このときにEさんから告白されたそうです。

当時、及川さんには日本に交際している男性がいたそうですがその男性とは別れ、Eさんと遠距離恋愛を始めることになりました。

元々お金を目当てに近づいてきたのかわかりませんが、Eさんは色々な理由を付けては及川さんにお金を要求するようになりました。

及川さんはその要求に応えてトルコに送金していたそうです。

もちろんお金が無ければできませんが、及川さんは作詞家で稼いでいてお金を持っていたので出来たんですね。

作詞家及川眠子の印税や年収が桁違いでヤバすぎる!借金生活に転落したのは本当?

結婚生活は?

出会いから5年後の2005年に結婚しましたが、同居ではなくお互い日本とトルコに住むという別居婚。

結婚後もお金の要求は止むことなく、及川さんは送金を続けます。

Eさんが起業するときも及川さんは資金を出資しました。

こんな結婚生活は13年で終了します。

及川さんとEさんが一緒に過ごしたのは13年のうちの3分の1程度だったそうです。

正直、こんな結婚生活で幸せだったのかな?と思いますが、Eさんがストレートに愛を伝え続けていたために寂しさは感じていなかったそうです。

また、及川さん自身がEさんを自分好みの理想の男性に仕立て上げたいと思っていたようで、箸の上げ下ろし、敬語、ビジネス、対人関係などイチから教えていたそうです。

夫婦関係と言うよりは、ビジネス関係、師弟関係、親子関係といったほうがしっくり来るかもしれませんね。

離婚理由は?

離婚の理由ですが、Eさんの浮気の発覚でした。

そして、浮気相手との子供が欲しいから別れてくれと言われたそうです。

よく聞く話ですが、ひどい話ですよね!

結婚生活で多額のお金を出していた及川さんにとっては裏切り行為だと思いますが、見方を変えたら、ここで縁が切れるのは良かったのではないでしょうか?

まだ結婚生活を継続していたら、更に多くのお金を失うことになったと思います。



及川眠子が貢いだ金額や借金はいくら?

結婚生活で元夫Eさんのために総額3億円を失い、更には7千万円の借金を背負うことになりました。

3億円の細かい内訳はわかりませんが、

  • 光熱費の支払いに1000万円
  • 父が病気になった
  • 会社設立したい
  • 会社の運転資金
  • 世界遺産地区のホテルの建築費用

などだそうです。

浮気発覚後のある時、Eさんからお金を要求されました。
お金を支払うためにカード番号を告げたとき、Eさんはニヤッと笑ったそうです。

その顔を見た及川さんは冷めてしまい、離婚を決意し、全て断ち切れたそうです。

普通ならば怒りや悲しみなど負の感情ばかりが生まれそうですが、及川さんは別の感情だったそうです。

結婚生活の13年間を一言で言うならものすごく面白かったそうなんですね。

  • 出したお金は「貢いだ」のではなく、Eさんに一人前のビジネスマンになって欲しいと思って「投資」したと思っている。
  • こんな事になっても可愛そうだとは思っていない。
  • 物書きをしている職業だから話のネタが出来て、男運がいいと思っている。

凄いですよね!

こんなふうに思える人は少ないのではないでしょうか?

強がりではなく、本当にそう思っていらっしゃるのですごくポジティブな方だな、と思います。

もちろん、最初は怒りや悲しみは大きかったと思います。
しかし、それを乗り越えてすぐに切り替えが出来たんですね。

この13年間の結婚生活の話を書かれています。
本当にネタになっちゃったんですね。

他にも著書があります。

及川眠子の結婚歴のまとめ

及川眠子さんの結婚歴についてご紹介してきました。

2度の結婚歴があり、2度めの夫との結婚生活は衝撃的なものでした。

18歳年下でトルコ人の夫とは、13年間の結婚生活でしたが、日本と取ることの別居生活で一緒にいたのはそのうちの3分の1ほどだったそうです。

トルコ人の夫Eさんは、色々な理由でお金を要求し、それに応えて及川さんは送金をしていました。

作詞家及川眠子の印税や年収が桁違いでヤバすぎる!借金生活に転落したのは本当?

Eさんの浮気発覚で離婚に至りましたが、13年間で失った総額は3億円にも上り、離婚時には7千万円の借金まで背負うことになりました。

結婚生活は大変だったと思いますが、それでも本のネタに出来たと思うほどポジティブな及川さんの人間性も凄いと思います。

当時の結婚生活を書いている『破婚』を読んでみたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です