みんな大好きメロンパンにまさかの楕円形?丸形との違いや楕円形の由来に迫ってみました!

楕円形と丸形メロンパン

メロンパンを食べたことが無くても、誰でも一度は見たことはあると思います。

老若男女問わず、不動の人気を誇っていますよね。

私も子供の頃からメロンパンが大好きで、新しいパン屋さんを見つけたら必ずメロンパンは買います。

さて、そのメロンパンですが、楕円形(ラグビーボール型とも言われる)があるのをご存知ですか?

おそらく、限定された地域を除いてはほとんど見かけることがないのではないかと思います。

NHKのÈテレ『グレーテルのかまど』で「あこがれのメロンパン」が放送されることを知りました。

予告動画では、神戸に楕円形メロンパンがあるようです。

しかし、広島の呉市にもあるんですよ、楕円形メロンパン。

広島だけなのかと思ったら神戸にもあると知り、楕円形メロンパンが誕生した由来や、広島と神戸以外にもあるのか気になったので調べてみました。

一般的な丸形メロンパンと違いがあるのか比較もしてみました!



楕円形のメロンパンと丸形メロンパンの違いは?比較をしてみました

私が知っている広島県呉市の楕円形メロンパンです。

袋入り楕円形メロンパン

分かりづらいけれど、メロンの絵が描かれているんですよ。

通常のメロンパンと比較してみましょう。
楕円形と丸形メロンパン

楕円形の方が、丸いメロンパンより大きく、重たいんです。

なぜ重たいのかというと、中にカスタードクリームがぎっしり詰まっているから。

重さを比較してみましょう。
楕円形メロンパンの重量
デジタルのはかりではないので、メモリを拡大してみました。

楕円形メロンパンの重量は約230gです。

 
丸形メロンパンの重量
今回のメロンパンは小型の方ということもありますが、重量は約60gです。

もう少し大きかったり、クリーム入りだと更に重くなりますが、楕円形ほど重たいものはないと思います。

本当にズシッと重さを感じるんですよ。

中身を比較するとこんな感じになります。
メロンパンの断面

ぎっしりクリームが詰まっていますよね。パン自体も中がふんわり柔らかな丸型と違い、硬くはないけど、きめ細かいパンになっています。

中のクリームは、一般的なクリームパンのクリームと異なり、洋風の白あんのようです。
『博多通りもん』(福岡県のお土産で人気商品)を食べた事がある方は想像できるかもしれませんが、
通りもんの「白あん」に近いです。

ほのかに柑橘(レモンかな?)の味がして美味しいです。

「博多通りもん」の画像です

「これ、カスタードクリームじゃないでしょ」という声が聞こえてきそうですね。

私自身、「カスタードクリームではないよね」、と思いました。

しかし、しっかり袋の裏に「カスタードクリーム」と書かれているんですね!
メロンパンの原材料名

神戸の楕円形メロンパンの中身はマーガリンを加えた白あんだそうです。
やはり、広島のメロンパンと味が違うのかしら?

楕円形メロンパンの由来

広島県呉市

『(有)メロンパン』が、創業当時のS11年(戦前)から作っています。

メロンパンを作っている会社の名前も「メロンパン」なんですよ。

会社のホームページにも、この会社を取材したローカル情報サイトにも楕円形の由来の記載がなかったのですが、ウィキペディアによると、

広島県呉市では、第二次世界大戦前から、カスタードクリーム入りのメロンパンも作られている。

また昭和11年(1936年)創業の呉市の老舗パン店「メロンパン」への取材からは、かつて業務用調理器具「メロン型」(洋食のランチに添えるライスを成型するための金属製で紡錘形のライス抜き型の通称)を使ってパン生地を成型していたので、メロンパンと命名されたと推察される。

(引用:ウィキペディア

とあります。

これは私の勝手な想像なんですが、呉市は海軍の町なんですよね。

てつのくじら館 (海上自衛隊呉史料館)」もあります。

軍艦をイメージして作られたというのもありなんじゃないかな、と思います。

兵庫県神戸市

コープこうべ」の前身である神戸消費組合で約70年弱前から作られ始めました。

当時流行していたオムライス用の型を使ったら面白いかもしれない、と開発されたのがオムライス型のメロンパン。

メロンの一種である、マクワウリの縞模様の入った楕円形の外観によく似ていたため、「メロンパン」と名づけられたそうです。



楕円形メロンパンは呉(広島)や神戸以外の地域にもあるのか?

今のところ「呉(広島)」、「神戸」以外だと「京都」にあるようです。

探しましたが、見つからなかったのでおそらくこの3ヵ所だけだと思われます。

楕円形メロンパンのまとめ

メロンパンは丸い形だけでなく、楕円形(ラグビーボール型)もあります。

全国でも数少ない形で、「呉(広島)」、「神戸」、「京都」の3ヵ所だけ楕円形(ラグビーボール型)があるようですが、一般的な丸い形のメロンパンもあります。

ラグビーボールの形の由来はオムライスを作る型を使って形成したことから生まれました。

古くからこの形なので、広島の人にも神戸の人にもなじみのある形と言えますが、全国的には珍しい形ですね。

中身は、「呉(広島)」はカスタードクリームが、「神戸」と「京都」は白あんが入っています。

「呉(広島)」のカスタードクリームは一般的なカスタードクリームとは違い、『博多通りもん』(福岡県のお土産で人気商品なんですよ)の白あんに近いので、3ヶ所とも味が似ているかもしれませんね。

『博多通りもん』を食べた事がない方には伝わりにくいかもしれません。すみません。

機会があれば食べ比べをしてみたいものです。

 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です