【逆転人生】井崎英典(バリスタ)プロフィール・バリスタになったきっかけが気になる!

コーヒーマシン

2019年9月23日のNHK【逆転人生】「高校中退 おちこぼれがバリスタ世界一に!」に出演される井崎英典さんをご存知ですか?

井崎英典さんは、2012年に史上最年少にてジャパンバリスタチャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなりました。

2019年9月現在29歳の井崎さんですが、ジャパンバリスタチャンピオンシップ優勝が2012年ということはまだ22歳という若さでの優勝ですね!

その2年後の24歳でバリスタ世界チャンピオンになられたのですから、「凄い」としか言葉が出ません。

井崎さんがコーヒーの世界を選びバリスタになるきっかけは何だったのでしょうか?

そしてどこに行けば井崎さんのコーヒーを飲めるでしょうか?

プロフィールも含めて調べてみましたのでご紹介します。



井崎英典(バリスタ)のプロフィール

この投稿をInstagramで見る

@campfire_jp が運営するオンラインコミュニティにて、井崎英典による #コーヒー共和国 と題した有料オンラインサロンをオープンしました👏🏼 この1年間Facebookの公開グループにて #メニューの無いコーヒー相談店 を運営してきましたが、#コーヒー共和国 にて成し遂げたいのは、より少人数かつ情熱のある人材を集め、プロアマ問わずコーヒーを多角的に議論できる人と共にオンラインからオフラインにアイディアを展開することです。例えば、各種大会のサポート、弊社各種事業の実験的な取り組みへの参加、あまり表には出せない最新情報に関する議論、プロダクト開発、などを将来的には想定しています。オフラインイベントや外部講師を招いたイベントも開催予定!やる気と情熱があれば、あなたも #コーヒー共和国 の国民です🙌🏼 弊社のミッションである、「コーヒーを解放する」取り組みに賛同頂ける方のご参加おまちしております🙏🏼

Hide Izaki (井崎英典)さん(@hide_izaki)がシェアした投稿 –

  • 名前:井崎 英典(いざき・ひでのり)
  • 生年月日:1990年3月生まれ(日にちは分かりませんでした)
  • 出身地:福岡県
  • 出身校:法政大学国際文化学部
    高校は中退、後に通信制高校で学ぶ

井崎英典(バリスタ)がバリスタになったきっかけとは?

井崎英典(バリスタ)の実家

井崎さんのご実家は福岡でコーヒー店を営んでいます。

お店の名前は「ハニー珈琲」で、複数の店舗を構えるコーヒー専門店です。

福岡の方はご存知かもしれないですね。

コーヒー豆バリスタ世界チャンピオン井崎英典の実家(ハニー珈琲)が気になる!お取り寄せできる?

井崎英典(バリスタ)の子供時代

ご両親は毎日夜遅くまで休みなく働かれていたそうなので、井崎さんは子供心に大変な仕事なんだと思っていだそうです。

旅行もお小遣いもなし。

クリスマスに枕元にある靴下をワクワクしながらあけたら、そこにプレゼントはなく、代わりにカードが入っていたそうです。

「ウチは仏教徒なのでクリスマスプレゼントはありません」という、なんともユニークなメッセージカードが。

ショックを受けるより、笑っちゃいそうですね。

子供だった井崎さんはショックだったかもしれませんが・・・。

そして、「夏には冷蔵庫に麦茶」という家庭は多いと思いますが、井崎さんのご実家の冷蔵庫には麦茶ではなく「水出しコーヒー」が入っていたそうです。

食後もお茶ではなく「コーヒー」という環境でした。

自然とコーヒーがあるのが当たり前の生活になりますね。

子供にカフェインは良くないと言われますが、ここはコーヒー店を営むご両親ですからカフェインを除去したカフェインレスのコーヒーを用意されていたと思われます。

井崎英典(バリスタ)のお父様の一言

バドミントンの特待で行った高校を中退した井崎さんに、

「英典、将来どうするとや?ウチで働くや?」と言われたことが、コーヒーの世界に入るきっかけとなります。

コーヒー豆バリスタ世界チャンピオン井崎英典の父親(井崎克英)が気になる

井崎さんにとって進んでこの道を選んだわけでなく、この道しか選択肢がなかったそうです。

しかし、すぐにコーヒーの魅力にはまった井崎さんはコーヒーの世界での仕事にのめり込むようになります。

そして世界一のバリスタを決める大会の日本予選が行われていることを知り出場しますが、結果は160人中24位。

初出場で24位って、結構いい方だと思いませんか?

井崎さんは結果よりも、「ここが自分の輝ける場所だ」と大喜びだったそうです。

自分の輝ける場所を見つけられる人はそんなに多くないと思いますが、井崎さんは見つけられたんですね。

それだけでも幸せなことですよね。しかし、これがゴールではありません。

それからバリスタになるための練習が始まります。



井崎英典(バリスタ)が世界一のバリスタになるまで

学生時代

高校中退後は、実家のハニー珈琲店で働きながら通信制高校で学びます。

大学進学を目指し、勉強とバリスタチャンピオンシップの練習を同時に行うというハードスケジュール。

はれて法政大学国際文化学部に合格、上京します。

そして大学進学と同時に丸山珈琲に入社し、週末は新幹線で長野県小諸市にある丸山珈琲 小諸店まで働きに行きます。

丸山珈琲 小諸店

丸山珈琲 最大級のカフェにすべての豆を焙煎する焙煎工場のある第3店舗。

大きなガラス張りの店内からは、浅間山を一望できる開放感のある空間。

客席の間隔も広く、家族連れや旅仲間との休憩にも立ち寄りやすいゆったり空間が特徴。

豊富なコーヒー豆やコーヒー関連器具など、カフェを利用した後の買い物時間も楽しいひと時。

日本を代表するバリスタがトレーニングを積み重ねてきた場所でもあり、お客様や卸先様の豆の発送拠点でもあるここ小諸店は、丸山珈琲の中心的な店舗。

引用:丸山珈琲 公式サイト

東京から長野まで通うのは大変だったと思いますが、多くのバリスタの方たちがトレーニングを積み重ねてきた場所ということなので、バリスタを目指す井崎さんにとっては学ぶのに絶好の場所だったに違いありませんね。

時には通うのも辛い時があったでしょう。それを乗り越えたからこそ、今があるのですね。

大学卒業後

大学卒業後はそのまま丸山珈琲に就職をし、先輩たちと一緒に日本チャンピオン・世界チャンピオンを目指す日々を過ごします。

そして2012年に史上最年少でジャパンバリスタチャンピオシップ優勝

翌年に2連覇達成。

2014年にワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンに輝きます。

日本一になるのも難しいと思われるのに、それを2連覇した翌年には世界一に輝くなんて、本当に井崎さんが思われた通り「自分の輝ける場所」になりましたね。

まさにコーヒーの神様に選ばれたって感じですね

井崎英典(バリスタ)の現在

2016年に丸山珈琲を退社。

現在はバリスタではなく、株式会社QAHWA(カフア)の代表取締役社長を務め、コンサルタントとして年間200日以上を海外で過ごし、コーヒーエヴァンジェリスト(伝道師)として、国内でも製品開発やコラボレーションを行っています。



井崎英典(バリスタ)の手がけた仕事

井崎英典(バリスタ)の淹れるコーヒーはどこで飲める?

現在は実店舗で井崎英典さんが淹れるコーヒーを飲むことはできないようです。

バリスタ養成や商品開発など、次のステップに進まれた為のようです。

コーヒーの監修

井崎英典さんが直接淹れたコーヒーではありませんが、井崎さんが完全監修されたコーヒーを飲むことはできるようです。

マクドナルドの「カフェラテ」リニューアルの完全監修

MCカフェラテ リニューアルポイント

出典:http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0111a/

MCカフェラテ・キャラメルラテ

出典:http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0111a/

マクドナルドの「プレミアムローストアイスコーヒー」リニューアルの完全監修

マクドナルドのアイスコーヒー

出典:http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0718a/

最近マクドナルドに行ってないので、今度行った時はカフェラテ注文してみようかしら。

世界一のバリスタ監修のコーヒーってどんな味かしら?

中国のコーヒーチェーン「Luckin Coffee」のメニューの商品開発と品質管理を担当

この投稿をInstagramで見る

3 intense days of consulting has finished at @luckincoffee with fantastic R&D team 💪🏼💯 Keep improving and renewing products for the better 👏🏼 ラッキンコーヒーにて3日間のコンサルを終えました。今回も死ぬほどコーヒー飲んで、死ぬほど試作を作りまくり、圧倒的なスピードでR&Dチームと突き進んでいます。完成度より商品の展開スピードと断続的な品質改善が何よりの肝でしょう。このジェットコースターのようなスピード感と規模感が中国で仕事をする醍醐味であり、大好きなところです。今回も楽しかった!

Hide Izaki (井崎英典)さん(@hide_izaki)がシェアした投稿 –

luckin coffee(瑞幸珈琲)

中国で急速に店舗網を広げているコーヒーチェーン。

ここ1年で爆発的に店舗数を広げ、中国で圧倒的な人気を誇ってきた米スターバックスを猛追。

消費者に支持される理由はスタバよりも割安な価格にある。

瑞幸珈琲はここ1年で急速に店舗網を広げ、既に2000店を超えた(スタバは約3400店)。

スタバなど通常のカフェチェーンと違い、ネット出前か持ち帰りに特化しており、レジと従業員がコーヒーを作る調理場のみで客席のない店舗が大半だ。

出店コストを抑えることで大量出店を続けている。

コーヒーも世界バリスタ選手権に優勝したバリスタが監修し、コーヒー豆やミルクにもこだわるなど品質を前面に打ち出している。若者を意識してカップやロゴのデザインにも力を入れる。ただ消費者から最も支持される理由は価格だ。

スタバはラテの1杯の価格が29元(約490円)に対して、瑞幸珈琲は24元(約390円)だ。ただ、瑞幸珈琲は2杯購入すれば3杯目が無料となる。

会社の同僚3人で購入すれば、3杯のラテを2杯分の価格で購入できるため、1杯の価格は16元(約260円)まで下がる計算だ。

スタバの半額程度で購入できるため、価格志向の消費者の支持が広がっている。

引用:NIKKEI STYLE

スタバより割安で美味しいコーヒーって、個人的に興味があります。

残念ながら日本では飲めないし、中国に行かない限り味わえそうにないですね。

バリスタ向けオンライン教育コースの運営

バリスタ向けオンライン教育コース「Barista Hustle JAPAN」の共同代表を務める。

Barista Hustle JAPAN
バリスタハッスルは、業界屈指のオンラインバリスタトレーニングプロバイダーです。

バリスタ・ワン:バリスタとしての基礎基本を網羅した初級者コース

アドバンスコーヒーメイキングコース :7つの章、20本以上の動画、8本のテストから構成される上級者コース

バリスタを目指している人は興味あるかもしれませんね。

Barista Hustle JAPANの公式サイトはこちらからご覧いただけます。Barista Hustle JAPAN

井崎英典(バリスタ)は妻子持ちだった

Instagramに写真が投稿されていたのでご紹介します。

この投稿をInstagramで見る

Just married. Can't thank enough all of my friends from all over the world your heart warming messages. It's my next chapter for my life but will do my best for "our" life from now 🙂 皆さま、お祝いのメッセージをありがとうございました!このメッセージを空港(残念ながら仕事なのですが…)に向かう電車から書いております。10月11日に無事に挙式を終えました。挙式、披露宴にわざわざ軽井沢までいらしてくれた皆さま、本当にありがとうございました。夫婦となった自覚を忘れることなく、今までお世話になってきた親族、コーヒー業界の方々、恩師、そして友人たちへの感謝の思いを忘れることなく、ふたりでしっかりと人生を歩んで参りたいと思います。若い二人ではございますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。Photo credit goes to Takashi Ataka

Hide Izaki (井崎英典)さん(@hide_izaki)がシェアした投稿 –

きれいな可愛い奥様ですね。

馴れ初めはわかりませんでしたが、大学時代の同級生か、丸山珈琲での職場結婚でしょうか?

井崎さんは200日以上海外で過ごされているそうなので、奥様は日本で待っているのではないかと思われます。

更にはお子さんと思われる写真もありました。

可愛い奥様とお子様の為にも頑張られているんですね。

そしてお子様を育てながら奥様は日本で待たれているのでしょうか。

今はSkypeなど顔を見ながら話せるツールがあるので、淋しくはないのかもしれないですね。



【逆転人生】井崎英典(バリスタ)の再放送はあるの?

9月23日の放送を見逃して、再放送があるか気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

安心してください、再放送はあります!

  • 再放送:9月27日(金)午後11時50分~午前0時40分放送予定
  • 更に

  • 再々放送:9月30日(月)午後3時08分~午後4時放送予定
  • 2回も再放送があるのって嬉しくないですか?

    どちらかで観れそうですよね

    井崎英典(バリスタ)のまとめ

    ご実家がコーヒー店経営だったことから、コーヒーが身近だった井崎さんです。

  • 高校中退後、父親の「うちで働くか?」の一言でコーヒーの世界へ入る
  • 大学進学のための上京と同時に丸山珈琲に入社
  • 大学卒業後の2012年に最年少でジャパンバリスタチャンピオシップ優勝
  • 2連覇の後、2014年にワールドバリスタチャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンに輝く
  • 丸山珈琲を退社後は独立し、現在は株式会社QAHWA(カフア)の代表取締役社長に就任
  • コンサルタントとして年間200日以上を海外で過ごし、コーヒーエヴァンジェリスト(伝道師)として、国内でも製品開発やコラボレーションを行っている。
  • 可愛い奥様とお子様の妻子持ちでした
  •  
    まだ24歳で世界チャンピオンになり、その後グローバルに活躍されています。

    教育にも力を入れているそうなので、世界一のバリスタになるために井崎さんの教えを受ける人も増えそうですね。

    美味しいコーヒーを飲みたくなってきました。

     
    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です