羽林由鶴(恋愛カウンセラー)のプロフィールや旦那・子供を調査!

ぽっちゃりネコ

2019年10月28日の【逆転人生】に恋愛カウンセラーの羽林由鶴(はねばやし ゆず)さんが出演されます。

これまで多くのテレビ番組にも出演されていますので、名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

103kgの恋愛カウンセラーです。外見、年齢、恋愛経験など様々なコンプレックスを抱えた女性たちに自身の経験から導き出した幸せのヒントをお伝えしております。

このように、ご自身のTwitterで自己紹介されています。

コンプレックスを持たない人は少数派だと思います。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)さんも子供の頃からコンプレックスを抱き続け、その経験をもとにカウンセリングをされています。

羽林由鶴さんはご自身のことを「太め代表」とも言われています。

一般的には太っているとモテない、痩せている方がモテると思われがちですが、羽林由鶴さんは3年間で5人の男性からプロポーズされたという驚きの経歴の持ち主です!

そしてそのうちの一人が現在のご主人さんです。

羽林由鶴さんが太っていても、モテる理由や魅力が気になります。

そして、ご主人さんや子供さんもどんな人なのか気になります。

羽林由鶴さんのプロフィールも含めて調べてみましたのでご紹介しますね。



羽林由鶴(はねばやし ゆず)のプロフィール


名前   :羽林由鶴(はねばやし ゆず)
職業   :103Kgの恋愛カウンセラー 生き方カウンセラー
生年月  :1965年9月(日付は非公開のようです)
年齢   :54歳(2019年10月現在)
出身地  :埼玉県大宮市生まれ
出身校  :1984年豊島岡女子高等学校卒業
出身大学 :1988年日本大学芸術学部放送学科卒業

財団法人教育研究所出版部編集部門で17年間勤務

2005年心理カウンセラーとして独立

2006年合資会社STEP13を設立

結婚相談・学習支援・人材育成等の各種カウンセリング・講演・執筆活動を行い現在に至る

DV・離婚・体型コンプレックスを乗り越え、体重103kg、バツイチ子持ちでありながら、13歳年下の東大生と出会い、結婚。
自身の経験を元に生み出した恋愛術・カウンセリングは、相談者の個性や本来持っている“いいところ”を導き出し、コンプレックスなどの悩みを、優しく、そして分かりやすく解決に導いてくれるため多くの方から支持を得ている。

引用:羽林由鶴オフィシャルサイト

「DV・離婚・体型コンプレックスを乗り越え、体重103kg、バツイチ子持ちでありながら、13歳年下の東大生と出会い、結婚。」って、なんだか漫画のような話にも聞こえますが、現実なんですよね。

一体、どんな苦労やコンプレックスを乗り越えてきたのでしょうか。気になりますね。

カウンセリング羽林由鶴のカウンセリング・申し込み方法・料金・評判は?口コミも紹介

羽林由鶴(はねばやし ゆず)の体重によるコンプレックス

幼少期

出生時体重は3000gに満たなかったため、娘の成長を願って父親が「ご飯3杯食べよう」と言っていたそうです。

羽林由鶴さんは素直に父親のいうことを聞いてしっかりと食べ、想定以上に大きくなったそうです。

現在は3000g未満で産まれる方が多いので、今この時代に産まれたらご飯3杯食べることはなかったかもしれませんね。

小学生~大学卒業時

小6で体重が60㎏を超え、中学卒業時には70㎏にまでなったそうです。

主食の炭水化物をリンゴに替える「リンゴダイエット」にも挑戦。

高校時代には国立病院ダイエットで13㎏の減量に成功するも後にリバウンド。
ダイエットのことばかり考える日々で、食事を楽しく食べることができなくなったそうです。

大学時代には絶食、食べ吐き、更には28万円払ってエステ通いをするも電気をかけられるなどあまりの辛さに徐々に鬱になり自然と通わなくなりました。

そして大学卒業時には84キロになっていたそうです。

社会人

耳ツボ、マイクロダイエット、ダイエットフード、スポーツジム、低インシュリン、パワーヨガ、エアロビなど色々試しますが、どれも長続きせず、断念。そしてリバウンド。

親しい男性ができても、「太い」「丸い」と思われるのが怖くて、その先に進めず、いつしか「付き合うなら、私より体の大きな外国人」と、考えるようになっていったそうです。

出版社に入社してからは、友達と米軍キャンプに出入りするようになります。
大柄なアメリカ人の中にいるときだけ、体重のことを忘れられたそうです。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)の旦那とは?

羽林由鶴さんはバツイチです。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)の最初の配偶者

最初の結婚は1991年6月で、1つ年上のアジア系外国人の方との結婚でした。

新築の家も建て、1994年には長男も誕生し、一見幸せそうな生活です。

しかし、元夫はDVでした。

周りに相談もできず、まだ幼い子供のためと思い12年間耐え続けました。

羽林由鶴さんは円形脱毛症、過食、鬱になり、意を決して旦那さんをメンタルクリニックに連れていきます。

しかし、ここで救われることはなく逆につらい言葉を医師から告げられます。

  • 「夫の暴力はなおらない」
  • 「夫を変えようとするのはエゴ」
  • 「羽林由鶴さんが今のままならば、夫はどんどんひどくなる」
  • 「あなたが変わればいいことです」

「夫は病気でキレるのだ、病気が治れば穏やかにくらせるのだ、出会った頃の優しい彼にもどるのだ」と信じていた羽林由鶴さんには辛い時間でした。

夫の暴力を直すカウンセリングではなく、羽林由鶴さんが自分を取り戻すカウンセリングをはじめました。

そして2001年に離婚。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)の現在の配偶者

13歳年下の東大大学院卒のサトルさんが現在のご主人さんです。

おそらく一般の方だと思われますので、職業など詳しいことは公表されていないようです。

しかし、夫婦仲は良さそうで、今でもラブラブみたいです(^^)

長く辛いコンプレックス人生を経験してきた羽林由鶴さん。
辛かった分、今度は多くの幸せを感じていらっしゃるようです。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)の子供

1994年に最初の旦那さんとの間に長男さんを授かっています。

2019年10月現在25歳だと思われます。

一般の方なのでしょう、写真など非公開のようです。

23歳の時には結婚されたようで、お子さんも誕生しているようです。

羽林由鶴さんのお孫さんというわけですね。

きっとお孫さんにメロメロではないでしょうか(^^)

羽林由鶴(はねばやし ゆず)のモテるわけ

子持ちのバツイチとなった羽林由鶴さんですが、その後1㎏も痩せることなく3年間で5人の男性からプロポーズされます。

羽林由鶴さんは、離婚後は残りの人生を“おまけ”と考えて、他人からの評価より、自分らしさを大事にするようになったそうです。

その結果、大きな変化が訪れます。

男性と接するときも、自分の容姿や相手に気に入られることを考えないようにしたら、明るく話せるようになったそうです。

とても自然体で話が出来るようになったんでしょうね。

人の目を意識せず、頑張ることをやめて、ありのままの自分を受け入れる。

「自分を良く見せたい」と多くの人が思うところだと思います。

しかし、そんな作った自分を見せるのではなく、自然な自分を見せる方が相手も同じように自然体でいられるのかもしれません。

更には、幼少のころからコンプレックスを抱いていたので相手を思いやる気持ちが強いのではないでしょうか。

そういう姿勢からモテるようになったのではないかと思います。



羽林由鶴(はねばやし ゆず)の本

羽林由鶴さんは本を出版されています。

評価はどれも高いようです。

羽林由鶴(はねばやし ゆず)のまとめ

  • 103㎏の恋愛カウンセラー。
  • 幼少のころから太っていることにコンプレックスを抱いていました。
  • 最初の結婚は元夫のDVで離婚に至ります。
  • 離婚後、ありのままの自分を受け入れ自分らしさを大切にしたらモテるように。
  • 3年間で5人の男性からプロポーズされます。
  • コンプレックスから脱却して幸せな人生を送られています。

  • いかがでしたでしょうか?

    コンプレックスを抱いている人は多いと思います。

    私もコンプレックスの塊です。

    でも羽林由鶴さんのように、ありのままの自分を受け入れて自分を大切にしていきたいと思います。

     
    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です